費用について

聴診器とパソコン

複雑な電子機器であるパソコンはそのトラブルや故障の発生原因に関しても多くのものがあります。
そのためパソコン修理会社では多数のトラブル対応ができるようにあらゆるケースに想定したサービスを提供しています。
例えばある日電源が全く入らなくなったといったトラブルの場合は、電源ユニットが壊れている可能性があります。
そのような場合は業者は診断で原因が確定の後に電源ユニットの交換を行って対応してくれます。
またHDDが破損したり不動品になった時もHDDの交換に加えて、別料金を払うことでデータの救出も行ってくれます。
ハードウェアの物理的な故障によるトラブルも、ソフトウェアの異常による論理的なトラブルに対しても対応出来るのがパソコン修理会社です。
中には自分でパーツを購入して組み立てる人もいますが、多くの場合はパソコンはメーカー製やショップブランドの製品を使用しています。
これらの購入した製品は最低でも1年間の保証期間が設けられており、その期間内ならば送料だけで修理を頼むことができます。
このためパソコン修理会社と非常に類似したサービスを提供していることになります。
しかし一方で違っている点もまた多くあります。
まずその1つが対応機種の違いです。
メーカーのサポートの場合は当然購入した同メーカー製品のみになり、違うメーカーの製品や同メーカー製品でも部品がすでに置いていないものに関しては断られます。
一方パソコン修理会社の場合は、基本的にすべての製品の対応ができるため、様々なメーカーや年式の製品が持ち込まれます。